Skip to content

相続について相談する弁護士の探し方について

近年、弁護士は、今まで以上に専門分野化が進みつつあります。その影響を与えているのが弁護士数の増加です。旧司法試験時代には、年間の合格者数が500人前後ということもあり、全体数も1万人前後しかいませんでした。しかし、今では年間1800人前後の合格者数で、全体数も2万人を超えています。

これは、司法制度改革によって弁護士の数を増やそうという試みの結果です。今後どのように変化するかはわかりませんが、当分は増加すると見込まれています。このような情勢で、弁護士は自分の生き残りをかけて活動しています。そのため、他者と差別化を図るため、専門分野化が進んでいるという訳ですしたがって、相続について相談をしたいのであれば、相続分野に詳しい人を見つける必要があるでしょう。

たしかに、資格さえ持っていれば活動はできますが、必ずしもその分野について詳しいとは限りません。これは、内科の医師が外科手術をすることができないのと同じことです。そして、相続問題について詳しい人を探すには、ホームページのチェックは欠かせません。前述の通り、弁護士は生き残りをかけているので、自己がどれだけ優れているのかという点をアピールしています。

そこでは、今まで行ってきた訴訟活動、社会活動の詳細や、自分が何をメインに扱っているのかが載っています。そして、初めて利用する人に向けての紹介分も書いているので、人柄もある程度は把握することができます。このような方法は有益ですので、相続について相談できる、最適な人を探す時に参考にしてみてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です