Skip to content

弁護士には相続に関する相談ができます

相続とは金融財産に関して、或いはその他、金銭的な価値があるものを受け継ぐ行為です。要するに得をする、と言うことになりますが、これは一人だけに受け継がせるならば特に揉めないです。しかし、相続権がある人が沢山いますと揉める可能性があります。それこそ、二人でも揉めることがありますから、相続とはかなりしっかりと決めておくべきです。

これは遺言状で行なうことができるのですが、自力できちんと書こうとしますと難しいです。そこで弁護士に相談するわけです。弁護士にはそうしたことができる能力があります。遺言状を書いて、それを実行させる能力がありますので依頼をする価値があります。

遺言状を書くだけでなく、その内容を確実に実行させるのが大事です。そこでも揉めることになりますから、弁護士を介入させるわけです。それによって、とにかく強制的に実行させられるようになります。いくつかの条件がありますが、それさえクリアできていれば、実は相続の内容に差をつけることが可能です。

これは遺留分と呼ばれるものであり、これがクリアされているのであれば、問題なく実行できます。それでも意義を申し立てることがありますが、弁護士がいれば問題なく、仮に裁判に訴えられてもきちんと実行できます。条件がクリアできていれば、それができるわけですが、依頼する料金はしっかりと自然に見積もりを出してもらうことです。どの程度の費用なのかは重要な要素になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です