Skip to content

弁護士に相続関係の相談をすること

弁護士には相続関係の相談ができます。すべての法律関係のことを話せるようになっていますから、まず迷ったら弁護士でよいです。問題とするべきことがいくつかあります。相続とは決まっている部分があります。

それが遺留分というのですが、これは守る必要があります。こうした知識だけでも話をする価値があります。また、相続人に納得してもらうことも重要です。遺産であるわけですから、自分の死後の話になります。

そこではっきりと決めておきないとどうしても揉めるようになります。ですから、遺言書を書いておくのが大事です。この遺言書の書き方だけでも教えてもらうことがとても有益です。相続関係は骨肉の争いに発展することがあり、それを事前に掣肘するのがとても大事です。

弁護士に話をつけておくことによって、余計な人から水を入れられることがなくなります。お金を遺すことができるならば、それはベストではあります。しかし、分割できないことがよくあります。例えば、不動産などがそうです。

正しい価値で判断しておかないといけないので、実はそこで揉めることが多いです。そのあたりの説得もさせるのが弁護士です。そもそも遺志がしっかりとしているのであれば、それが法律的に問題ないのであれば、遂行されるのが基本です。遺志が優先されるのは大原則ではありますが、それで揉めるわけですから、弁護士にしっかりと手続き、書類を整えてもらっておくのが遺す側の責任と言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です