Skip to content

相続で争わないように弁護士に相談を

相続とは争いに発展することがあります。金銭に関することですから、どうしても骨肉の争いに発展することがありますから、それだけは避けるべきです。その方法として、弁護士に依頼することがあります。これによって、まず法律的に問題ない行為を実行させられます。

遺産相続で揉める可能性があるのは、間違っているからではなく、文句を言う人がいるからです。特に権利を持たない人が話に入ってくるとかなり話が拗れることがあります。あくまで権利を持っている人のみを対象に話をすることができるように出来るのが弁護士です。まったく関係ないとは言い難い人もいますが、異論を唱えることができる人は基本的にいないです。

法律的には遺留分がしっかりと守られているのであれば、問題なく、遺言は執行できるようになっています。そこをよく理解していない人がいます。それで係争に発展することすらあるわけです。そうならないようにするのが弁護士の仕事になります。

資産の把握なども手伝ってくれることがありますが、それが真価ではないです。重要な仕事は遺言書の正式な作成、そして、執行をしてくれるかどうかになります。それこそが求められる仕事になります。相続は実はそこまでの金額でないとしても揉める可能性があります。

統計としては、数百万円の相続ですら、揉めている、係争になっている、と言うのがわかっています。ですから、基本的にははっきりと遺志を示しておくのが大事です。広島で債務整理のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です