Skip to content

相続の選択肢で迷ったら、弁護士に相談してみよう

人が死亡すると、その人が生前有していた財産は、相続人に承継されます。財産は、家や貯金などのプラスの財産だけではなく、借金やローンなどのマイナスの財産も含まれます。したがって、プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多ければ、たちまち借金まみれになってしまいます。法は、こうした事態を避けるべく、次のような選択肢を用意しています。

何を選択してよいか分からない場合には、弁護士に相談してみるとよいでしょう。まずは、単純承認です。すべての遺産を承継します。承継する遺産はプラスもマイナスも問いません。

引き継いだ借金は、自分の財産で支払っていく必要があります。単純承認するうえで、とくに申述や届出などの方式はありません。遺産を処分したり、隠したりすると、当然に単純承認したものとみなされます。次に、限定承認です。

プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を承継します。プラスがマイナスを上回れば、その余剰部分を手にすることができます。相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に、限定承認する旨を申述する必要があります。合理的な制度ではありますが、手続が複雑なので弁護士に相談することをお勧めします。

最後に、相続放棄です。プラスの財産もマイナスの財産もすべて放棄します。マイナスの財産がプラスの財産を上回る場合に有用な制度です。放棄により、初めから相続人でなかったとみなされることになるので、債権者はもはや相続人に借金を請求することができなくなります。

なお、この場合も、限定承認同様、家庭裁判所に申述する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です