Skip to content

相続の際になるべく弁護士に頼らないようにするには

誰かがなくなった際に、法的に必ず生じるのは相続であり、これが原因でトラブルになってしまうことも否定できません。この際に、相談する相手として最もよく登場するのが弁護士ですが、彼らに仕事を依頼するとなると、ある程度お金がかかってしまいます。そのため、受け取れるであろうと思われていた財産の一部が費用と消えてしまう可能性があります。こうしたことをなるべく避けるために、注目しておくべき点が大きく分けて二点ほどあります。

まずは、遺言書です。これに、誰が何を相続するのかというのが書かれていれば、それを参考にするようにしましょう。こうした者が残っていない場合は、資産価値が等しくなるように等分するか、法律にのっとって分配すると、余計な費用がかかることはないでしょう。民法上の規定で、特に相続に関するところです。

これには、どういう場合に、誰がどの程度財産を相続するのかが記載されているため、その通りに財産を受け継ぐのが、最も財産を受け取れるということになります。取り分でもめてしまうと、時間が長くかかってしまうことに加えて、弁護士費用で財産の一部を持っていかれてしまうというデメリットが生じてしまいます。そのため、どうしても自分たちの手に負えないというほどトラブルが大きく、重くなってしまった場合などに限って、弁護士に相続に関して協力を要請するようにしておくと、財産を一番大きい額で受け継ぐことができるようになるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です