Skip to content

交通事故の慰謝料で金融的なズレが生じるケース

交通事故の慰謝料請求では、幾つかの原因が元で金融的なズレが出てきてしまいます。とりわけ、頻繁に見受けられる例としては、加害者側に百パーセントの過失があると信じ込んでしまう場合です。交通事故においては、被害者にも一定の過失割合があると判断される事が大半で、過失割合の決め方が交通事故での和解を阻む主要な原因とされます。そして、金融的な支払いによる償いに納得できない場合には示談が成立しないので、裁判が必要とされ、弁護士と保険会社が話し合いの場を持つ事になるのです。

また、交通事故で金融的なトラブルを招く事が多い要素が、被害者側の等級認定です。これは加害者側の保険会社が独自に規定するものに加え、被害者側が加害者の加入している保険会社に請求する事も出来るようになっています。加害者側の保険会社の等級認定では、心身的な負担の度合いを適切に判断されていない場合も多く見受けられ、この場合は被害者が自ら必要書類を提出して、新たな後遺障害の等級認定を受けることが出来るようにもなっているのです。等級認定に差が出てくることで、後遺症の慰謝料の金額が大きく異なります。

保険会社の等級認定に不服を訴え、自ら後遺障害を認定してもらう際には、医師からの診断書が重要な役割を担います。そのため、医師に症状を伝える際には、的確な表現で個々の身体的な不具合を伝え、適切な後遺症の等級認定を受ける事が重要で、症状の度合いにあった慰謝料を獲得することが大事です。広島の過払い金の弁護士のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です