Skip to content

外人が日本で相続をする時は弁護士に手続きを依頼する

外人が日本で相続をする時は、弁護士に手続きを依頼しなくてはいけません。ここで言う外人というのは日本国籍を有していない人物のことを意味しますので、外国籍を保有したまま日本国内で亡くなった人がいた場合には、日本国内で相続の手続きをしなくてはいけないのです。この場合、かなり複雑な手続きをしなくてはいけないので必ず専門の法律家に相談する必要があります。外人の相続の問題点は、日本国内の法律に従うのかそれとも海外の法律に従うのかです。

外国籍を保有している人物であっても、様々な事情で日本国内で暮らしている人が存在します。日本国内で不動産を所有したまま亡くなった場合には、その財産をどのように扱うのかを決めなくてはいけません。この場合、まずは国籍を持っている本国の法律を確認する必要があります。仮に、本国の法律に亡くなった国の法律に従う旨の文言が書かれていた場合には、この文言に従って相続を開始することができます。

厄介なのは、本国法に従って遺産を継承しなくてはならない旨の文言が存在していたときです。この場合には、現地の法律家と連絡を取り合ってどのように処理をするのかを判断しなくてはいけません。本国法に従う旨の法律がある場合には日本国内にいた場合であっても海外の法律が適用されるというかなり特殊なケースになりますので、素人では理解できないくらいに複雑な手続きになってしまいます。そのため、このようなケースに巻き込まれたときには速やかに弁護士に相談しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です