Skip to content

相続トラブルが起こる前に弁護士に依頼するメリット

相続の際には、司法書士や行政書士、税理士などの専門家が関わることが出来ますが、この場合、相続人同士が決めたことを遺産分割協議書として書面にする時だけです。万一、相続の際になんらかのトラブルが起きた場合は、弁護士以外の専門家は基本的に関わることが出来ませんので、トラブルが起こることが想定される場合は、二度手間を防ぐためにも最初から弁護士に依頼をしたほうがよいのです。また二度手間を防ぐこと以外にトラブルが起こる前に依頼をするメリットとして挙げられるのが、相続人同士のトラブルが起きてしまった時にどこが問題になるのかを事前に予測して、いざという時に備えることが出来るという点です。これによって相続人同士のトラブルが起きた際には、依頼者の不利益が生じないように迅速に対応することが出来るようになるのです。

もしも、問題がこじれて裁判沙汰になってしまった場合でも、遺産分割や遺言が裁判所でどのように争われるかを考慮したアドバイスを受けることが出来るようになります。また基本的な交渉を全て引き受けてくれるため、直接、自分が交渉をする必要がないというのも、後々親族間での遺恨を残さないためにも大きなメリットといえるでしょう。これは司法書士や行政書士、税理士には許されていない代理人業務なのです。このようなことから、他の専門家よりもあらゆる面から依頼者のフォローをすることができるのが弁護士に依頼をする最大のメリットといえます。

広島で債務整理のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です