Skip to content

遺産相続の問題に関しては弁護士に相談をするのが良い

身内が亡くなった場合には遺産相続の問題が発生しますが、最近このことに関してトラブルになることが増えています。亡くなった人が遺言書を遺していてそこに遺産についての記載があれば、その通りに遺産分割をすれば何も問題はないです。しかし亡くなった人が遺言書を遺していない場合には、法定相続人が集まって遺産分割協議を行って遺産の分割方法を話し合うことになります。もし亡くなった人の財産が金銭だけであれば民法の定める法定相続分に従って分ければ良いことになりますが、金銭だけではなく不動産や有価証券等が含まれている場合にはその分割方法に関して相続人間でトラブルになってしまうこともあるのです。

そういったことを未然に防ぐためにも、日頃から信頼関係を構築することが大切です。しかし最近では親族と会う機会が少なくなったためにあまり話すことがなくなったので、信頼関係を築くことが難しくなってきています。そのためいざ相続の問題になると相手を信頼できずに諍いになってしまうことが増えているのです。どうしても話し合いで決着出来なければ裁判所に調停の申し立てをすることになります。

しかしそうなる前に自分達で何とかした方が何かと良いです。そのために弁護士に仲介してもらうのも一つの方法です。遺産相続の問題に関してはお互いの利害関係が鋭く対立することがありますが、そういったことを含めて公平な立場から弁護士に介入してもらうのが良いです。遺産相続に関して後々まで尾を引くのは決して良いことではないので、何とか解決の糸口を見つけるためにも弁護士に相談をすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です