Skip to content

兄弟姉妹以外の相続人には遺留分を行使する権利がある

亡くなった人の兄弟姉妹以外の相続人には遺留分を行使する権利が認められていますが、このことについてよく知らない人が沢山います。亡くなった人が遺言書を遺していた場合でその中に遺産のことが書かれている場合にはそれを最大限尊重しなければなりませんが、それを絶対に守らなければならないと言うことではないのです。例えばその遺言書に全財産をある特定の団体に寄付する旨が書かれている場合にはその財産は全てその特定の団体のものになるかどうかが問題となってきます。この場合に兄弟姉妹の相続人が遺留分を行使した場合には、特定の団体に配分される遺産は2分の1となり後の2分の1は相続人のものとなります。

つまり遺言書に書いてあることを全て忠実に守らなければならないと言うわけではないのです。もし亡くなった人に妻子がいて子どもがまだ小さい場合にはこれから養育費等がかかります。それなのに遺産の全てが特定の団体に行ってしまったら残された妻子は路頭に迷うことになるかも知れないのです。そういったことを防ぐために遺留分があるのですが、この権利については注意すべきことがあります。

それはこの権利は行使をしなければならないということです。つまり遺留分の権利を行使することによって初めて相手方に遺産の半分を返すように主張することが出来るのであって、何もしないで当然に遺産の半分を返してもらえると言うわけではないのです。ですからもし何も主張しなければ全ての遺産が特定の団体に行ってしまうことになるので、それを阻止したいのならば相手方に対して遺留分の権利を主張する必要があるのです。この点には十分に注意する必要があります。

広島で債務整理のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です