Skip to content

新たな金融資産の遺産分割協議で相続分を決める弁護士

金融資産の相続の分配比率は、親族の場合は優先順位が法律で決められています。そのため、この法的なルールに沿った金融資産の譲り受けで問題が無い場合は、被相続人の金融資産の分割でのトラブルはあまり見られません。また、法的な分配方法で納得がいかない場合でも、遺産分割の協議で上手く決着がつけば、複数でも被相続人の金融財産を上手く分配する事が出来るのです。しかし、被相続人の新たな財産が出てきた場合には、新たに遺産分割の協議が必要になるケースも多々見受けられます。

新たな金融資産が見つかる可能性がある場合には、予め遺産分割を行う際の書類作成で、その旨を書面に記載しなければなりません。また、法的に書面が一度受理されてしまうと、取り消す事が大変難しくなるので、分割協議の書類作成の際には、弁護士の方から記載漏れや記載してはいけない事項なども確認してもらう必要があります。そして、新たな遺産が見つかった場合には、再度相続人の間で話し合いが必要になりますが、新たな財産を取得する事になると、税金の金額にも変化が現れ、新たな申告も必要とされます。その結果、初めから必要書類を作成しなければならないため、税金の面からも弁護士からのアドバイスが必要になることが大半です。

そのため、新しい遺産協議を行う際には、弁護士からの法的な助言が必要とされ、新たな遺産分割の方法や税金面の対策についてもアドバイスをしてもらう事が大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です