Skip to content

金融系の財産の相続したいのであれば弁護士に

金融系の財産というのは、流動性が高いものが多いです。分かり安い例で言いますと現金です。これは相続させるときに思いっきり課税されることになります。相続行為全体として、非課税枠もありますが、現金はとにかく額面で課税されることになります。

不動産などであれば、賃貸経営などをしていることを理由にいくらかの減税措置があります。意外と相続に関する税制というのは変ることが多いです。ですから、とにかく弁護士にまずは相談するべきであるといえます。金融資産のよいところは、わけやすいところにあります。

つまりは、分割しやすいから、相続自体はそんなに難しいわけではないです。しかし、それでも弁護士には相談したほうがよいです。色々と対策をすることができるからです。脱税ではありませんから、それは安心して問題ないです。

つまりは、節税であるわけです。それはやってもよいですから、どんどん実行するべきです。金融資産には、利息がついていることもあります。お金はかかりますが、弁護士に相談することによって、とにかく出来るだけ無駄に税金を支払うのを避けられますし、また、骨肉の争いも防げます。

相続は揉めることが多いです。こればかりは古今東西よくありますから、備えておくに越したことはないです。その為に多少の費用がかかるとしてもそれはメリットがあるといえます。受け継ぐにせよ、受け渡す側にせよ、弁護士に相談する価値は十分にあるといえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です