Skip to content

遺言書の作成や金融資産の相続で大切な弁護士の手助け

財産の分割を円滑に遂行していく上で役立つものが遺言書です。遺言書は法的に規定された親族の相続の割合よりも優先されます。それゆえに、金融資産の種類が多岐にわたり、金融資産の総額も大きくなるような場合には、親族間での金銭トラブルを回避するためにも、遺言書の役割が重要になるのです。遺言書には幾つかの種類があり、証人が必要なものや、裁判所の認めが必要になるものなど、それぞれが固有の性質を持ちます。

そのため、正式な書類作成の為だけではなく、被相続人の目的に応じたものを作成するためにも、弁護士からの法的なアドバイスが欠かせないのです。遺言書の中には、自筆で作成するものとは異なり、公的な機関で作成することが必要になる種類もあり、弁護士のサポートを得ながら法的な手順に則って作成する事で、確実な遺言書となるのです。また、遺言書の内容を秘密にしたい場合には、公証人の介在を無くして公的な機関で作成できる書類もあり、生前は誰にも内容を知られずに遺言書の作成が可能です。この事例でも、弁護士から有効な遺言書の内容や記載事項などの面でアドバイスを受けることが必要になり、法的に無効になる内容の記載などに注意しながら、妥当性のある書類を作成しなければなりません。

また、遺言書では金融財産を誰に譲り渡すのかだけではなく、遺言書に記載した内容を実施する方を任命する事も出来るため、被相続人の要望をかなえる目的もあります。これらの理由から、被相続人の希望を全て満たす為にも、遺言書の作成において弁護士からの手助けが欠かせません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です