Skip to content

金融機関等の相続手続きは弁護士におまかせ

亡くなられた方に預金や、保険、土地家屋等の財産があった場合、相続が必ず発生します。金銭が絡んでくる大事な問題ですので、ちょっとしたことでトラブルになりやすい複雑な問題です。また、一度トラブルになってしまうとなかなか解決せず、トラブルを起こした当人同志の関係も悪化してしまうことが多いです。そして、手続きも多く、手続きを実際にしたことがない人には少し面倒かもしれません。

だからといって手続きをせず放置することもできません。手続きをする時間がない人や、手続きの仕方がよくわからない人、手続きをするのが面倒だと思っている人は弁護士事務所に依頼してはどうでしょうか。弁護士は相続問題のプロなので、相続手続きでもめてトラブルに発展しないように手続きをきちんと進めてくれます。金融機関や保険会社等で相続手続きに必要な資料のとりまとめや、不動産の名義変更、金融機関への同行までしてもらえます。

相続手続きに必要な書類はかなり多く集めるだけでもかなりの負担になります。それだけではなく、金融機関、法務局ともやり取りをしなければならないので、自分たちですべての手続きをするのはとても負担が大きいです。弁護士に依頼すれば書類のとりまとめから手続きまで行ってくれるので負担がかなり減り、手続きも円滑に進みます。手続きを自分だけでするのに不安がある人や、手続きに十分な時間が取れない人は一度、弁護士に相談することをおすすめします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です