Skip to content

相続の金融トラブル回避には弁護士におまかせ

もし相続が発生した際、発生してしまってからでは後手にまわりがちになり、手遅れになってしまう場合もあります。その為出来るだけ早い段階で弁護士などに相談をして準備を行うことは、今後のトラブル回避の為にもお勧めします。相続税制が2015年1月1日から改正されたことで相続税対策の対象が広がりました。これまでその対象となっていなかった人達も対策を取らねばなりません。

また、この改正により弁護士のクライアントも富裕層以外にも広がっています。敷居が高そう、と思っている方にとっても、気軽に電話またはメールで受付しており、相談予約をとることが出来ます。弁護士に任せるメリットは、まず事前に相談することで対策が出来ることです。生前の金融機関に預貯金や証券などの金融資産や、不動産の資産分配や税金の問題などにも、事前に相談することでそれらの心配も解消されるでしょう。

次に相続人間のトラブルを回避することも重要な要素です。もし遺言を残さず金融資産等を分配する際は、法律に則り相続が行われますが、たとえ親族間でも金銭が絡む場合トラブルに発生しやすい事が現状です。これに対しても弁護士に相談の上、しっかり事前に対策をとることで出来うる限りのトラブル回避をすることが出来ます。デリケートな問題、事案だからこそ、事前の対策や準備が必要とされます。

一人で悩まずに、頼れる専門家に相談する事で争いのない円滑な手続きが実現出来るのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です