Skip to content

自分の金融財産を相続するなら弁護士に相談

自分に多額の財産はあるものの、どのように分配したらトラブル無く子供や配偶者に分配すること出来るかに頭を悩ませている人も多いです。特にその額が高額であればあるほど自分が死んでしまった後に、子ども達が揉めてしまう可能性が高くなってしまいますので、なるべくなら喧嘩が起こらないように弁護士に相談した上で財産を分配したいものです。遺産の中に金融商品を含んでいる場合は特に相続に当たって注意が必要です。株や貴金属など、正式に額面を付ける事が難しい商品については、それぞれの取り分を死亡後に決める事になりますが、金融株式をどのタイミングで売却を行うかや、貴金属をどのように分配するかについては相続人同士で意見が分かれる事になってしまいます。

その際に、金融に強い弁護士に相続に関する相談を事前にしておく事によって、このようなトラブルを未然に防いでもらうことができます。遺産相続には「遺言書」を事前に作っておく事がトラブル防止の良い手段になるのです。現金などの資産だけでなく、株や貴金属についてもあらかじめ自分の遺志を遺言書に残しておくことが可能であるため、どの品物を誰に分配するかを弁護士の協力のもと詳細に明記しておくことによって紛争を抑止する効果があります。遺産の分割に関しては、公平に行う事が原則ですが、生前に特にお世話になった人に対しては遺産の取り分を多く設定しておく事も可能です。

そのような希望がある場合にも事前に弁護士に相談して、正式な遺言書を作成してもらっておくと良いでしょう。広島で債務整理のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です