Skip to content

3つの相続対策について

相続対策には、大きく分けて「遺産分割対策」、「納税資金対策」、「節税対策」の3つの対策があります。このうち遺産分割は、相続税に関わらず誰もが考えておくべき相続対策です。納税資金対策と節税対策は、相続税を中心に考えた相続対策になります。一つ一つの対策について、見ていきましょう。

遺産分割対策として、まず行いたいことは遺言書の作成です。遺言は法定相続より優先されますので、遺言書があれば相続トラブルのほとんどが防げます。ただし、法律上有効な遺言書でなければ作成しても意味がありません。できれば公証人に作成してもらう公正証書遺言が、不備なく作成できて偽造の恐れがないのでおすすめですが、自筆証書遺言にする場合には、専門家に相談するなどして、正確に作成してください。

生前のうちに遺産分割を進める方法もあります。暦年贈与で長期間にわたって贈与していったり、相続時精算課税制度の利用も有効です。納税資金対策では、収益物件を贈与して家賃収入を納税資金にしたり、生命保険の受取人を相続人にする方法があります。節税対策としては、所有財産を縮小したり移転する対策、課税価格を引き下げる対策、優遇制度を活用する対策が考えられます。

があります。前述の暦年贈与で年110万円までの非課税枠を使ったり、贈与税の配偶者控除を利用して不動産等の移転を行います。また、所有不動産を賃貸すれば評価が下がるので課税価格を引き下げることができます。死亡保険金や死亡退職金の非課税枠を活用する方法もあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です