Skip to content

借金と財産を把握してから相続対策をする

相続対策をする時には、借金と財産状況を把握してから実施しなくてはいけません。安易な相続をすると後で相続権者が大きな損失を抱えてしまうことになります。前提として知っておかなくてはいけないのは、相続をする時には財産だけではなく負債も含めた計算をしなくてはいけないということです。財産的な価値を持った遺産を抱えて亡くなった人の相続では、その遺産がどの程度の金額になるのかをしっかりと計算しなくてはいけません。

何故かというと、相続をするときには控除の規定が存在するものを除いて必ず税金を支払わなくてはいけないからです。相続財産に関する相続税は、負債に関しては適用されずあくまでも財産上の価値のあるものに対して適用されることになるため、まずはそれらがどの程度の価値があるのかを調べなくてはいけません。その上で、どのような相続対策をするのかを考慮するのです。仮に、財産よりも負債が大きいときにはそのまま相続を放棄すれば良いですが、財産が負債を上回っていたときには相続を放棄する必要はありません。

この場合には、財産だけを都合よく相続ができる限定承認という法的手段を使うことが出来ます。相続対策として限定承認を利用すると、財産と負債の差額を計算して分だけ相続をする事が出来るため相続税もその間のお金だけ支払えば済むようになります。このように、相続対策をする時には借金と財産の関係をよく事前に調べておくことが大切なのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です