Skip to content

相続前から相続対策をしておこう

2015年、相続税についての改正が行われた結果、基礎控除の枠が縮小され、加えて最高税率が55%に上昇しました。そのため、依然として相続税を納めなければいけない人の割合は少ないですが、確実に相続税が課される可能性は高まりました。特に、家や土地を持っている人にとっては重要な問題で、アベノミクスによる不動産投資の活発化により、都会を中心に思っている以上に自分が保有している不動産価格が高まっている可能性があります。そのため、以前なら、控除の枠内で収まっていた遺産の額であったのに、現行制度では相続税が発生してしまう可能性があるのです。

そのため、あらかじめ相続対策を行っておく必要が出てきました。もちろん、無用な遺産分配の争いを避ける意味もありますが、できるだけ相続税を払わずに済ませるという点からも相続対策は重要性を増しています。具体的には、生前贈与を行っておくことが有効な手段です。贈与には、基礎控除110万円の通常の贈与だけでなく、期間限定で認められている子供や孫への教育資金の一括贈与といった方法があります。

基礎控除範囲内の贈与の場合に、適切な相続対策を行わなければ、結果として相続税が課されてしまうため、明確に小分けにして毎年110万円以内の贈与を行う必要があります。また、教育資金の一括贈与は1500万円まで非課税枠が設けられており、子供や孫が30歳になるまでに教育資金として使い切れば税金がかからないため、相続税がかかるリスクを避ける上でも事前に贈与をしておくことが理想的です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です