Skip to content

現金を不動産に替える相続対策について

遺産を相続した場合には、相続税を納める必要があります。法定相続人の数によって基礎控除額が決められていますが、基礎控除額を超えれば納税の義務が発生します。出来るだけ納める税金を抑えるために、生前に相続対策を講じておくことは大切です。相続対策の一つの方法として、現金を不動産に替えて相続をするという方法です。

現金で相続するとなると、あくまでも現金そのものの金額が評価額となります。しかし不動産の場合は評価額を下げることが出来ますので、現金に比べて相続税を抑えられるメリットがあります。土地は時価で評価されるのではなく、路線価で評価されます。路線価は時価のおよそ8割程度ですので、現金で相続した場合によりも2割ほど相続額を抑えることが出来ます。

建物の場合は、築年数にもよりますが建築費用から3割から7割程度の評価額を抑えることが出来ます。さらに土地建物ともに第三者に貸与すれば、評価額をさらに2割から3割減らすことが可能です。このように現金を不動産に替えれば、大きな相続対策となります。また小規模宅地等の特例が適用されれば大きな節税となります。

自宅の土地を配偶者や生計を同一にしている親族などが相続すれば評価額を8割減らすことが可能です。アパートや駐車場の土地も、親族が事業を引き継ぐ場合には5割の削減効果があります。いずれも特例が適用される上限面積が設定されていますが、大きな相続対策になることは間違いありません。広島で債務整理のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です