Skip to content

金融に絡む?交通事故慰謝料

交通事故の慰謝料をもし支払わなくてはならないとしたら、1億や2億程度はざらの場合があります。悪質で責任が重いと裁判で判断されれば、被害者の要求額どおりに請求されることになるからです。自動車を運転するときに交通事故や慰謝料のことを考えて運転している人は少ないでしょうし、自賠責保険や任意保険に加入しているから大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし金融機関である保険会社の約款に関してはすべての損害額をカバーしてくれるとは書いてありませんし、基本的には支払った実額を保証してくれるだけで後遺障害については寝たきりの場合に4000万円、死亡による場合には3000万円など上限金額が設定されています。

本人が生存している間に勤務して得られるはずだった収入額を逸失金額と言いますが、この逸失金額と慰謝料については人数にもよりますが、基本的には1000万円を超えることはまれです。そのため億単位の金額を請求された場合には自己破産するしかなくなり、金融機関では交通事故の慰謝料のための定期積立金などのサービスを実施していることがあります。あまり大々的に広告されるようなプランではありませんし、金融関係では投資や貯蓄が目的となるため、知名度も低いですが、興味があったり、運転に不安があったりする場合には加入しておくのも安心材料になります。日弁連交通事故相談センターや交通事故紛争処理センターの存在を知っていることもいざという時に頼りになるはずです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です