Skip to content

交通事故の慰謝料を金融機関とやり取りするなら

交通事故起こされてしまった時は、相手の金融機関となる保険会社とやりとりをすることになります。慰謝料こちらが請求する権利があるものの、向こうから賠償金を提示してくると、ついついそれでサインをしてしまいがちです。しかし、よく確認した上でサインするようにしましょう。どうしても納得できない慰謝料であれば裁判を起こす必要があります。

ただ、素人1人では何ともできないので、信頼できる弁護士を選ぶようにしましょう。そもそも、金融機関が提示してくる賠償金と言うのは、一般的には裁判所で提示される賠償金に比べれば、変わりやすい傾向があります。なので、基本的にはそういったものに負けないような心を持って裁判に臨むことが重要だと言えるでしょう。特に最近は、あの手この手で賠償金を値切ると言う金融機関がかなり増えてきました。

これは、交通事故を起こした側にあってはならないことです。だからこそ、納得できない金額を提示されたときには、負けずに納得できる慰謝料を手に入れることができるまで、しっかりと粘るようにしましょう。交通事故の被害者なわけですから、遠慮する必要は全くないです。日本人の気質上、どうしても遠慮してしまう部分もあるかもしれませんが、交通事故を起こされてしまった被害者として金融機関と交渉するのであれば、そこで遠慮するだけ損をしてしまうでしょう。

そういったことも弁護士の人はいろいろと教えてくれるので、二人三脚でしっかりと慰謝料を勝ち取るようにしたいところです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です