Skip to content

交通事故の金融面で重要な慰謝料と症状固定

交通事故の金融面で重要な要素に慰謝料が挙げられますが、これは被害者の心身の負担に対して支払われるものです。慰謝料は治療に要する日数と保険で規定された支払額が基本となり算出されます。また、交通事故により心身ともに継続的で回復の見込みが無い負担を負った場合には、慰謝料に加え、後遺症の損害賠償の請求が出来るようになっています。慰謝料は治療に要する日数が基準となり算出される金額ですが、後遺症の損害賠償では就労が困難になったことによる金融的な損害や、医師の診断による症状の度合いが基準となり、後遺障害の損害賠償の金融面に反映される事が基本です。

後遺障害に支払われる費用は、それぞれの等級認定により詳細が決まりますが、治療を受けても身体的な機能が元通りに回復しないに場合には、症状固定として認められ、交通事故の傷害で負った負担が治まった後でも、治療費や休業損害、医療機関の受診と診察の費用が請求出来るようになるのです。症状固定は交通事故の傷害により負った身体面の治療が終了したことを意味し、後遺症の治療へ移行したことで支払われるものです。症状固定の状態は、医師の診断によりその詳細が決められるもので、後遺障害の程度に応じた等級認定が基準となり、その後の後遺症出必要となる費用が支払われるお金です。そのため、事故の影響で後遺症が残った際の金銭的な補償は、症状固定の状態で継続して金銭的な償いが行われる事になります。

広島の離婚相談の弁護士のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です